予約ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

全身症状

めまい[28]

めまいは、回転性のめまい(Vertigo)と、めまい(Dizziness)とに大別される。回転性のめまい(Vertigo)とは、自分自身、もしくは周囲のもの、あるいはその両方が回転している感覚が生じるもの。めまい(Dizziness)とは気絶しそうになる感覚を起こすもの。人によって異なる感覚を区別するために用いられる。

貧血

ヒンケツ

女性に多い傾向があり、全身の倦怠感、動悸・息切れ、めまい、冷えなどの症状がある。長引くと爪がさじ状に変形したり、下まぶたの粘膜が白っぽくなるなどの症状が現われることもある。
  • 内科
  • 血液内科
  • 産婦人科
  • 婦人科

この病気について1人の医師の見解があります。

一過性脳虚血発作

イッカセイノウキョケツホッサ

めまいや、手足がしびれる、手の力が急に抜けるなどの症状が数分から数十分続く。通常は1日以内に治まるのが特徴。
  • 脳神経内科
  • 脳神経外科

更年期障害

コウネンキショウガイ

疲労感、めまい、ほてり、冷え、不眠、頭痛、腰痛、肩こり、集中力の低下、漠然とした不安など。閉経前後にホルモンの分泌が減少、または消失することで様々な症状が現われる。
  • 婦人科

この病気について1人の医師の見解があります。

不整脈

フセイミャク

動悸、息苦しさ、胸の不快感、めまいなどの症状がおこるが、無症状のことも少なくない。
  • 循環器内科
  • 心臓血管外科

良性発作性頭位めまい症

リョウセイホッサセイトウイメマイショウ

特定の方向に頭を動かした際に強い回転性のめまいを感じる。耳鳴りや難聴をともなうことはない。
  • 内科
  • 耳鼻咽喉科

メニエール病

メニエールビョウ

突然、天井がぐるぐる回るような回転性の強いめまいを感じ、難聴や耳鳴り、吐き気などをともなう。
  • 内科
  • 耳鼻咽喉科

この病気について1人の医師の見解があります。

前庭神経炎

ゼンテイシンケイエン

発作的に激しいめまいを感じる。体を動かしたり、歩いているとフラフラする。めまいは長時間続くが、反復することはない。
  • 脳神経内科

この病気について1人の医師の見解があります。

片頭痛

ヘンズツウ

こめかみから目のあたりにかけて、ズキンズキンと脈打つような痛みがおこり、吐き気、嘔吐、めまい、肩こりなどをともなうことがある。頭の片側だけでなく、両側におこるケースも珍しくない。
  • 内科
  • 脳神経内科
  • ペインクリニック

この病気について2人の医師の見解があります。

不安神経症[パニック障害]

フアンシンケイショウ

理由もなく漠然とした不安や死の恐怖が続く。と同時に、動悸や手足のしびれ、発汗・冷や汗、めまいなどの自律神経症状をおこす。
  • 精神科

低血糖症

テイケットウショウ

フラフラするような脱力感を感じるめまいがおこり、手足のふるえや動悸・息切れをともなう。
  • 内科
  • 代謝内科
  • 内分泌内科

高血圧症

コウケツアツショウ

頭重感や肩こり、めまいやだるさ、動悸・息切れ、不眠などを感じることがある。症状が現われるのは血圧がかなり上昇してから。
  • 内科
  • 循環器内科

この病気について6人の医師の見解があります。

急性中耳炎

キュウセイチュウジエン

耳の強い痛みで始まり、めまいや発熱をともなうことがある。耳だれや、音が聞こえにくくなることもある。
  • 耳鼻咽喉科

内耳炎

ナイジエン

回転性のめまいがおこり、片側の耳の難聴や耳鳴り、吐き気や嘔吐感をともなう。
  • 耳鼻咽喉科

突発性難聴

トッパツセイナンチョウ

片側の耳が突然聞こえなくなる。耳鳴りや耳が詰まったような感じがおこることもあり、めまいや、まれに、吐き気を感じることもある。
  • 耳鼻咽喉科
  • ペインクリニック

脳出血[脳溢血]

ノウシュッケツ

手足の動きが突然悪くなり、しびれなどが生じる。頭痛や、めまいをともなうほか、意識障害や言語障害がみられる。
  • 脳神経内科
  • 脳神経外科
  • リハビリテーション科

脳腫瘍

ノウシュヨウ

朝方に強く現われる慢性的な頭痛が特徴。けいれんや、めまい、手足のまひ、吐き気など、腫瘍の発生場所によって症状が異なる。
  • 脳神経外科

小脳出血

ショウノウシュッケツ

突然の激しい頭痛に嘔吐、めまいや、手足のまひなどの症状がみられる。
  • 脳神経外科

ウイルス性脳炎・髄膜炎

ウイルスセイノウエン・ズイマクエン

高熱と激しい頭痛のほか、嘔吐やけいれん、意識障害、呼吸困難などが生じることもある。症状は急速に現われる。併発することの多いウイルス性髄膜炎では、首のうしろが硬くなり、前に曲げると痛む項部硬直がみられる。
  • 内科
  • 脳神経内科

眼筋まひ

ガンキンマヒ

目が動かしづらくなり、斜視の状態となる。ものが二重に見える、めまいなどの症状をともなう。
  • 脳神経内科
  • 脳神経外科
  • 眼科

むち打ち損傷[頸椎ねんざ]

ムチウチソンショウ

首のうしろ側に痛みがあり、頭痛や肩こり、手のしびれや耳の不具合、めまいなどがみられる。
  • 整形外科

この病気について1人の医師の見解があります。

起立性低血圧症

キリツセイテイケツアツショウ

急に立ち上がったときなどに、めまいや、立ちくらみ、気が遠くなるなどの症状が現われる。
  • 内科
  • 循環器内科

廃用症候群

ハイヨウショウコウグン

  • 脳神経内科
  • 整形外科
  • リハビリテーション科

この病気について1人の医師の見解があります。

熱中症

ネッチュウショウ

めまいや吐き気、頭痛、嘔吐、倦怠感などがおこり、重症の場合はけいれんや意識障害、ショック状態におちいることもある。かつては日射病などと呼ばれ、医学的には熱失神、熱けいれん、熱疲労、熱射病などと表現されていた。
  • 小児科
  • 救急科

不定愁訴

フテイシュウソ

頭痛・便秘・めまい・むくみ・倦怠感などの全身症状に加え、気分の落ち込み・イライラ ・不眠などの精神症状を伴うことがあり、男性よりも女性に多くみられる傾向がある。
  • 内科
  • 婦人科

この病気について1人の医師の見解があります。

未破裂脳動脈瘤

ミハレツノウドウミャクリュウ

脳動脈瘤が見つかっても、未破裂の状態であれば症状が現れることはないと言われる。ただし脳動脈瘤が破裂した場合には、くも膜下出血を引き起こすリスクがある。
  • 脳神経外科

この病気について1人の医師の見解があります。

PMS(月経前症候群)

ピーエムエス

いらいら・不安・集中力の低下・睡眠障害などの精神神経症状のほか、食欲不振・過食・めまい・のぼせなどの自立神経症状、頭痛・腹痛・腰痛・乳房の張りなどの身体的症状が現れる。中でも精神状態が著しく悪化している場合は、月経前不快気分障害(PMDD)との診断がつく場合もある。
  • 婦人科

この病気について1人の医師の見解があります。

適応障害

テキオウショウガイ

日常的な強いストレスにさらされたことにより、社会生活を送ることが困難になる疾患。抑うつや不安感、泣く・わめく等、感情の高まりなどの症状が起こり、仕事や学校に行くことが困難になるケースも見られる。
  • 精神科
  • 心療内科

この病気について7人の医師の見解があります。

頭部外傷

トウブガイショウ

頭部に外から圧力が加わることにより、頭部の皮膚・皮下組織、頭蓋骨、頭蓋骨内の脳や髄膜などに損傷が起こるもの。軽いたんこぶ程度(皮下血腫)で済むものから、命に関わる大出血を起こすもの(脳挫傷、外傷性脳内血腫)まで、損傷の程度により病態や予後は大きく変わる。
  • 外科
  • 脳神経外科

この病気について1人の医師の見解があります。