予約ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

過剰適応による不安障害

カジョウテキオウニヨルフアンショウガイ

自分の意思を抑えて周囲に合わせようと無理をし過ぎるあまり、体・心・脳が疲弊し、倦怠感、食欲不振、無気力などがみられるようになる。授業中や勤務中に集中力が続かず、学校や会社を休みがちになることもある。
  • 精神科
  • 心療内科

過敏性腸症候群

カビンセイチョウショウコウグン

下痢や便秘が4週間以上にわたって続く。下痢と便秘を交互に繰り返す場合もあり、腹痛などをともなう。
  • 消化器内科
  • 内科
  • 心療内科

この病気について2人の医師の見解があります。

急性ストレス障害(ASD)

キュウセイストレスショウガイ

  • 精神科
  • 心療内科

この病気について1人の医師の見解があります。

摂食障害[食行動障害]

キョショクショウ

ダイエットなどをきっかけにして極度に食事を制限する状態が続き、やがて食べようとしても食べれなくなったり、あるいは食べてもすぐに吐いてしまう結果に。ほとんど食べていないにもかかわらず、胸やけや胃もたれがおこる。
  • 精神科
  • 心療内科

この病気について1人の医師の見解があります。

空気嚥下症

クウキエンゲショウ

空気を飲み込む量が増えることにより、げっぷが多く出たり腹部膨満感を感じるようになる。胸痛をともなうこともある。
  • 消化器内科
  • 内科
  • 心療内科

神経性頻尿

シンケイセイヒンニョウ

とくに理由もなく生じるもので、1日に10回以上、ないしは1晩に2回以上トイレへ行くなどする。ほかに残尿感など。
  • 泌尿器科
  • 心療内科

心臓神経症

シンゾウシンケイショウ

心臓に特に異常が認められないにもかかわらず、動悸・息切れや立ちくらみ、安静時に胸がチクチクするなどの症状が現われる。
  • 精神科
  • 心療内科
  • 循環器内科

上大静脈症候群

ジョウダイジョウミャクショウコウグン

顔のほてり、顔面や腕が赤く腫れる、頭痛、めまいなど。
  • 内科
  • 脳神経内科
  • 心療内科
  • 婦人科

自律神経失調症

ジリツシンケイシッチョウショウ

不定愁訴(全身のあちこちに様々な自覚症状が出たり消えたりする状態)が特徴で、症状の現われ方や程度には個人差がある。主なものとして、だるさや体のふらつき、ほてり、動悸・息切れ、耳鳴り、頭痛、めまい、便秘、多汗、手足の冷感・熱感がある。
  • 内科
  • 脳神経内科
  • 心療内科
  • 婦人科

この病気について1人の医師の見解があります。

適応障害

テキオウショウガイ

日常的な強いストレスにさらされたことにより、社会生活を送ることが困難になる疾患。抑うつや不安感、泣く・わめく等、感情の高まりなどの症状が起こり、仕事や学校に行くことが困難になるケースも見られる。
  • 精神科
  • 心療内科

この病気について7人の医師の見解があります。

冷え性

ヒエショウ

手足が冷えるなど。特に貧血になりやすい女性は、夏場でも体が冷えることが多い。
  • 内分泌内科
  • 心療内科
  • 循環器内科

広場恐怖症

ヒロバキョウフショウ

不安や恐怖を抱く状況を回避するようになる。身体症状として吐き気、めまい、腹痛、下痢などがみられることもある。パニックのような症状が現れることもあり、患者の半数近くにパニック障害が認められるとの報告もある。
  • 精神科
  • 心療内科

この病気について2人の医師の見解があります。

PTSD(心的外傷後ストレス障害)

ピーティーエスディー

事件や事故、災害に遭ったり、目撃するなど、強い心的外傷(トラウマ)を受けたことをきっかけにして様々な症状が現れるもの。当時の記憶や気持ちが突然フラッシュバックする(侵入症状)、原因となった体験と同じ状況を無意識に避けようとする(回避症状)、常に緊張状態におかれ、ちょっとしたことに驚いたり、いらいらしたりするなどの症状が見られる。
  • 精神科
  • 心療内科
1 PAGE 1/1 1